FC2ブログ

青じそ、赤じそは雑草より強し! 畑で有効利用する

わが家の畑で今一番勢いのある植物。

野菜は勿論、なんと雑草でもありません。

その厄介な植物とは・・・

大葉!

いわゆる青しそ。

去年育てていたものから種が落ち、いたるところから生えてきました。

ついでに赤しそも猛威を振るっています。
(つД`)ノ

青じそ、赤じそは雑草より強し! 畑で有効利用する①

うっそうとした・・・ しそ、しそ、しそ。

これでも随分と片付けた方です。

以前はネギが見えないくらいに茂っていました。

青じそ、赤じそは雑草より強し! 畑で有効利用する②

もう少しアップにした写真。

多少虫食いはあるものの、とても香りがよく、きれいな大葉です。

欲しい人は欲しいことでしょう。

きれいな葉の部分は持ち帰って、毎食の食卓にでてきます。

千切りにして、そうめん、冷やしうどんにトッピングすると最高なのですが・・・

いかんせん多すぎです!

このままの調子で食べていてはネギが弱ってしまう(泣)。
。゚(゚´Д`゚)゚。

う~ん・・・


そこで有効利用法を考えました。

青じそ、赤じそは雑草より強し! 畑で有効利用する③

食べ時を過ぎたネギをトマトとキュウリの下に敷くワラ代わりにした時同様、

コンパニオンプランツとして相性の良い野菜の下に敷くワラ代わりとして使うことにいたしました。

食べ時を過ぎたネギをワラ代わりに採用した時の記事。

わが家の畑は雑草畑 雑草に負けるな野菜!

で書きましたが前回はトマトとキュウリの下に、

今回は虫食いの多い大葉を加えて、ピーマンの下に敷いてみました。

青じそ、赤じそは雑草より強し! 畑で有効利用する④

ここで、コンパニオンプランツをワラ代わりにする試みの経過報告。

トマトとキュウリの下にネギを敷いて数日ですが、トマトの害虫被害は変わりありません。
(T_T)

が、キュウリは明らかに害虫被害が少なくなったように思います。

ネギをキュウリの下に敷いてから、キュウリによくつく赤い虫。

ウリハムシ

を見かけることが少なくなりました。
ヽ(≧∀≦)ノ

ピーマンにも良い効果があることを期待してしまいます。

青じそ、赤じそは雑草より強し! 畑で有効利用する⑤

そしてこれが今日の収穫分。

有効利用? とはいえ、

私だって大葉を食べずに使うなんて勿体ないんです。
( ̄^ ̄)ゞ

なのできれいな大葉は残さず食べる!


・・・まだまだ食卓の大葉は尽きなさそうです。


ご覧いただきありがとうございます。
(*^_^*)


テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用



わが家の畑の夏野菜収穫 トマトが色づき始めました♪

わが家の雑草(まみれ)畑にて、今年の夏野菜初収穫!
ヽ(≧∀≦)ノ

まずは夏野菜の代表格といえばこれ!

わが家の畑の夏野菜収穫 トマトが色づき始めました♪①

トウモロコシ。

実に立派なものが出来上がりました。


・・・といっても、上の写真は収穫したトウモロコシで一番出来がいいもの。

スミマセン。

見栄を張りました。
(T_T)

わが家の畑の夏野菜収穫 トマトが色づき始めました♪②

ほとんどは、このように虫食いの被害にあっていました。

去年もやられましたが、

天敵アワノメイガの幼虫が虫食いの穴から元気よく出てきます。

ユルセナイ!
(*`皿´*)ノ

まあ、虫が食べるほど美味しいということと自分に言い聞かせて、

採れたてをそのまま実食

トウモロコシを自分で作る醍醐味ですね。

生で食べてもとっても甘いです。
(。>ω<。)ノ

この醍醐味を味わいたい方、トウモロコシは大きめのプランターでも簡単にできますので、

是非チャレンジしてみてください♪
(^∇^)ノ

というか、自宅でプランターで作った時の方が細やかに管理していたお陰か、

虫食いはここまでひどくなかったですね。
(*´ω`)┛

わが家の畑の夏野菜収穫 トマトが色づき始めました♪③

続いてはキュウリ。

さあ、いよいよキュウリも本格的に採れだしました。

ここから数週間は食べるのが追い付かないくらいに実がなっていきます。

注意する点は、

食べごろのキュウリを採り忘れると、翌日には大きくなり過ぎてしまうこと。

キュウリはとっても成長が早いです。

分かってはいるのになぜでしょう・・・?

私は実を採り逃す(実に気付かない)ことが多いんです。
(ノ_<)

わが家の畑の夏野菜収穫 トマトが色づき始めました♪④

3品目はブロッコリー。

うーん。

つぼみの束が大きくなりませんね。
(。-_-。)

わが家の畑は基本、放置農法です。

追肥とかが重要な野菜は向いていないことが、よくわかりました。

こまめな玄人向けの野菜ですよ。

ブロッコリーは。
(・Д・)ノ

わが家の畑の夏野菜収穫 トマトが色づき始めました♪⑤

4品目は茶豆(枝豆)。

雑草に埋もれながらも豆を付けています。

収穫はもう少し先のようですね。

ビールと一緒にいただく日が待ち遠しいです(笑)。
(*´ω`)┛

わが家の畑の夏野菜収穫 トマトが色づき始めました♪⑥

最後は、これまた夏野菜の代表格。

トマト!

やっとこさ、赤く色づき始めました♪
(。>ω<。)ノ

わが家の畑では、大中小のトマトを作ってます。

写真は中玉トマトですが、ミニトマトも大玉トマトも同様に赤くなってきました。

トマトもこの日が今年の初収穫!

妻と息子の喜ぶ顔が目に浮かびます。
(*≧∪≦)

わが家の畑の夏野菜収穫 トマトが色づき始めました♪⑦

本日の収穫野菜。

レタス、赤じそ、青じそ(大葉)、ネギも収穫しました。


いよいよ、梅雨も明けそうです。

梅雨が明けたらとりあえず雑草を抜きまくる!
( ̄^ ̄)ゞ

・・・つもりです。


ご覧いただきありがとうございます。
(*^_^*)


テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用



一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~

苦行以外の何ものでもなかったブロック積みも終盤に差し掛かってきました。
( ̄^ ̄)ゞ

苦労した分、喜びもそれなりにあります。

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~①

想定通りにできた窓部分から何度も顔を出して無駄に悦に浸る。
(*´ω`)┛

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~②

窓部分の次は入口。つまり扉部分を作っていきます。

窓の時のようにスチールL型アングルを設置。

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~③

水糸も張らずに、百均の水平器一本で据えてきたブロックのズレ(誤差)がないか心配でしたが、ほとんどズレはありませんでした。

奇跡。
(。>ω<。)ノ

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~④

扉部分の上に積むブロックは最終段(一番上のブロック)となりますので、横筋ブロックを用意。

最上段のブロックにはぐるりと一周、鉄筋をとおす予定です。

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~⑤

扉部分のスチールL型アングルの上に載せる予定の横筋ブロックをひっくり返して・・・

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~⑥

少量のモルタルを3つ穴に投入。

再度ブロックをひっくり返して一日待ちます。

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~⑦

横筋ブロックの3つ穴にフタの出来上がり。

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~⑧

そのブロックをスチールL型アングルの上に乗せるとこんな感じ。

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~⑨

遠目から眺めてみると、それなりのものに見えてきました。

震えるほどの達成感!
ヽ(≧∀≦)ノ

でも、まだ終わりじゃありません。

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~⑩

最上段のブロックにぐるりと一周、鉄筋を挿入していきます。

一番大事であろう最上段の鉄筋は、念入りに強度重視で挿入していきました。

まあ、強度計算とかわかんないので、自分なりにですけど。
(*´ω`)┛

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~⑪

挿入した鉄筋をモルタルで埋めるときに、ステンレスプレートを一緒に埋め込んでいきました。

屋根の材料となる木材とコンクリートブロック壁を繋ぐ、重要な部分。

一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~⑫

仕上げとして、ブロックの上部にモルタルを塗っていきました。


これにてようやくコンクリートブロック積みからの解放です。
(。>ω<。)ノ

モルタル練っては重いブロックを持って何度も脚立を上り下り、地獄の反復苦行。

心なしか筋肉がついたようにも思います!
ヽ(*>□<*)

私は最初に「一人でブロック小屋を作る!」と目標を立てましたので、すべての作業を一人で黙々と進めていきましたが、

一人作業は絶対にお勧めしません!

無駄です。非効率極まりないです。

モルタルを練っていただける相棒がいれば、どんなに楽だったことか。

もう一人いるだけで作業時間は5分の1になっていたことでしょう。
( ノД`)


とはいえ、引き続く作業も立ててしまった目標を遂行するために、一人でやっていきます。

妻と息子は頑固な私にあきれた顔をしながら

「たった一人で・・・ すごいね!」

と言ってくれます。

その言葉が聞きたいために、頑張ってる自分がいる。

そんなお馬鹿な自分がちょっと好きな今日この頃です(笑)。
(*≧∪≦)


ご覧いただきありがとうございます。
(*^_^*)


この内容に関連する記事
■一人で作るブロック小屋
一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~
一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の補正~
一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~
一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~
一人で作るブロック小屋⑤ ~屋根の骨組み~
一人で作るブロック小屋⑥ ~屋根の板張り~
一人で作るブロック小屋⑦ ~屋根の防水~
一人で作るブロック小屋⑧ ~モルタル壁塗り左官作業~
一人で作るブロック小屋⑧ ~モルタル壁塗り左官作業~
一人で作るブロック小屋⑨ ~ドア枠・窓枠の取り付け~
一人で作るブロック小屋⑩ ~ペイント作業~
一人で作るブロック小屋⑪ ~コンクリート床を作る~
一人で作るブロック小屋⑫ ~換気口の取り付け~
一人で作るブロック小屋⑬ ~蝶番・ノミ作業~
一人で作るブロック小屋⑭ ~突き出し窓を作る~
一人で作るブロック小屋⑮ ~親子扉を作る~
一人で作るブロック小屋⑯ ~小屋のソーラー照明~
一人で作るブロック小屋⑰ ~パーゴラを作る~
一人で作るブロック小屋⑱ ~棚を取り付ける~


テーマ : DIY
ジャンル : ライフ



わが家の畑は雑草畑 雑草に負けるな野菜!

青々とした荒地。

わが家の畑は雑草畑 雑草に負けるな野菜!①

では、ありません(汗)。

れっきとしたわが家の畑。その惨状です。
(T_T)

梅雨に入って一気に雑草が伸びてきました。

・・・抜いても抜いてもきりがありませんので、梅雨が明けるまで雑草は放置です。


とまあ、こんな畑ですが、せっかくなので野菜は作っています。
(//>ω<)

ネギ、パセリ、トウモロコシ、大根、トマト(大中小)、ピーマン、キュウリ、ジャガイモ、茶豆(枝豆)、ひまわり、百日草、ケイトウ、コスモス、青じそ、赤しそ、エゴマ、アスパラガス、レタス、ブロッコリー、ひょうたん・・・

こうして書いてみると、手が回らない割に結構作ってますね。
Σ(´Д`*)

他にも収穫終わりましたが、ホウレンソウなども作っていました。

なぜ無謀にもこんなに作るのか?


それは隣で畑をされている親切なご夫婦に種芋やら苗をいただいているから!
\(^o^)/

レタス、ブロッコリー、じゃがいも、大玉トマトはすべて隣からの頂き物です。
(*´ω`)┛

ほかの野菜も種をいただいたり、昨年の野菜から種を取って育てたもの、勝手に種が落ちて生えてきたものがほとんどです。

ゆえにお金はほとんどかかっていません。

実にありがたい話です。
感謝。 ( ̄^ ̄)ゞ


というわけで、少しだけ雑草の中でたくましく育つ野菜のご紹介。

わが家の畑は雑草畑 雑草に負けるな野菜!②

トウモロコシ。

去年も作りましたが、虫食いがひどかったです。

トウモロコシにつく主な害虫はアワノメイガというのですが、トウモロコシの雄花(トウモロコシのてっぺんに咲くフサフサのやつ)に卵を産むらしいので、花粉のつき出した雄花は早々に切り取って、雌花(トウモロコシのひげ)に受粉させてから焼却しました。

もうすぐ収穫時期、はてさてどうなることやら。
(。-_-。)

わが家の畑は雑草畑 雑草に負けるな野菜!③

キュウリ。

本格的に収穫時期に入りました。

昨年もそうでしたが食べきれないペースで実がなるので、きゅうりの一本漬けにしたり、親戚に配ったりすることになるでしょう。

作っててとても楽しい野菜の一つです。
ヽ(≧∀≦)ノ

わが家の畑は雑草畑 雑草に負けるな野菜!④

トマト。

鈴なりになってはち切れんばかりですが、まだまだ赤くなりません。

この時期が一番やきもきします。早く食べたい。
o(o・`з・´o)ノ

わが家の畑ではトマトの雨対策は一切してないので、水分過多での割れなどが心配ですが、まあ気にしないでおきましょう。

トマトも収穫時期になると一斉に赤くなるので、慌てて収穫することになります。

トマトは人に喜ばれる野菜なので、作り甲斐はありますよ。

わが家の畑は雑草畑 雑草に負けるな野菜!⑤

青しそ、赤しそ。

いわゆる大葉ってやつです。刺身についてくるあれです。

香りがよくって私の大好きな野菜の一つなのですが、去年の種が畑のいたるところに落ちたらしく、雑草よりすごい勢いでそこら中から顔を見せています。

正直、今年は青しそ、赤しその処理(雑草抜き同様)に追われる始末。
(ノ_<)

雑草との違いは抜いていると、しその香りが爽やかな気分にさせてくれることでしょうか。

わが家のしそは本当に香りがいいので、もったいないんですけどね。

わが家の畑は雑草畑 雑草に負けるな野菜!⑥

じゃがいも。

隣のご夫婦から種芋を頂いたので植えてみたら、結構収穫できました。
(。>ω<。)ノ

写真は種芋からではなく、種芋からちぎれた大きめの苗(茎と葉だけ)を植えてみたらどうなるかという実験結果の写真です。

周囲の予想に反して、見事にじゃがいもがたくさんなっていました。

隣のご夫婦も結果を気にしてましたので、恩返しがてらこの写真を見せて結果を報告したいと思います。


話は変わるのですが、わが家ではネギをたくさん育てています。

私が大好きというのもあるのですが、スーパーで買ったネギの根っこ部分(白いとこを少し残したもの)をプランターに植えてみると増殖。

プランターに収まりきらないので畑に移し替えたところ・・・

大量増殖!

当然、食べ時に食べきれる量ではなくなったので、ネギの大部分が固く大きくなったりしていました。

もったいないなと思っていたところ、隣の畑のご主人さんが、

「食べられないところは藁代わりにしてみれば? ネギは防虫効果もあるかも」

まさに天の声!
ヽ(≧∀≦)ノ

早速、取り入れさせていただきました。

わが家の畑は雑草畑 雑草に負けるな野菜!⑦

固くなって食べられなくなったネギをキュウリとトマトの下に敷いてみる。

お、なんだかいい感じ。
(*´ω`)┛

わが家の畑は雑草畑 雑草に負けるな野菜!⑧

トマトの下に敷いたネギ。

枯れるとまさに藁のよう。

これでネギも無駄なく使えます♪

わが家の畑は雑草畑 雑草に負けるな野菜!⑨

調べてみたところ、ネギはトマトとキュウリのコンパニオンプランツだそうです。

コンパニオンプランツ・・・近くで育てると互いの成長によい影響(防害虫、防病気)しあうとされる2種以上の植物の組み合わせ。

ということはこれはかなり期待できるかも!

結果は出ていませんが、わが家では

固くなったネギはトマトとキュウリの藁代わり。
(おそらく防虫・防病気効果付き)


として使っていきます。
( ̄^ ̄)ゞ

結果はトマト、キュウリのシーズン終了時にブログで書きたいと思います。

写真のマルムシはご愛嬌ということで。
(〃ノωノ)


ご覧いただきありがとうございます。
(*^_^*)


テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用



一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~

一人で黙々と終わりの見えない作業。

ブロックを積んではモルタルを練ることの繰り返し。

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~①

モルタル(セメントと砂)を練ることがこんなに苦痛だとは思いもしませんでした。
。゚(゚´Д`゚)゚。

モルタルを練っても練っても使用量が半端ないので、一向にペースが上がりません。

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~②

積んだコンクリートブロックを濡らしてから、その上にモルタルを乗せていきます。

素人なので、モルタルの粘度(粘り気)が毎回違います。

練るのに疲れてくると、ついつい水を多めにしてしまいがち。

水を多くすればシャバくなって練る作業は楽になるけど、ゆるいモルタルの上に重いコンクリートブロックが乗るわけがない。

水分の多過ぎるモルタルは強度も低下するので要注意です。
( ̄^ ̄)ゞ

小さな失敗を繰り返しながら職人さんの凄さを知ることができました。
(*´ω`)┛

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~③

モルタルに乗せるブロックも水で濡らしています。

ここでGON流ワンポイント!
※あくまでネットで調べた我流ですので、意見の一つとして聞いてください。
m(_ _)m

コンクリートブロックが乾燥しているとブロックにモルタルの水分が吸われ過ぎて、モルタルの強度と接着力が落ちるそうです。

かといって、濡らし過ぎるとエフロレッセンス(白華)という現象(強度的な問題はない)が起こるらしいので、コンクリートブロックを濡らす時はモルタルとの接着面をハケやたわしで濡らすのがいいそうです。

エフロレッセンス(白華)・・・コンクリート中の水酸化カルシウム溶けだし、空気中の二酸化炭素と反応することによってできた炭酸カルシウムの白い垂れ跡ができる現象)


何事もほどほどにってことですね。
(。>ω<。)ノ

モルタルの上にブロックを乗せた後は愛用の百均ブラザーズ、水平器とゴムハンマーでブロックの位置を整えていきます。

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~④

こうして一段一段積んでいきます。

ようやく奥の赤い井戸のポンプが隠れるところまで来ました。

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑤

コーナー部分の写真。

小屋の基礎部分の記事
一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~

でも書きましたが、コーナーにはD-17 モクバ Wハンドルで鉄筋を90度に曲げて挿入。

隅形ブロックの一部を削って鉄筋が通るように加工しています。

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑥

横筋ブロックの谷から鉄筋を少し浮かすようにして横鉄筋を鉄線で結束して挿入。

この作業をブロック2段ごとにやっていきます。

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑦

わが家の小屋の鉄筋配置図。

オレンジの基本ブロック(15cm)は基礎になる部分です。

見ていただければわかると思いますが、縦鉄筋は全ブロックの間に通しています。

調べてみると縦鉄筋は2ブロックごとの間にするところもあるそうですが、わが家では強度アップを期待して全間に通しています。

実際に強度が変わるのかどうかは判りかねますのであしからず。
(*´ω`)┛

横に入る鉄筋は先ほども書きましたが2段ごと。

基本ブロックを積んだ上に横筋ブロック、そこに横鉄筋を挿入。これの繰り返し。

これはどこのやり方も違いはないようです。
(GON調べ)

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑧

気合と根性でコンクリートブロックを積みまくり、ようやくテンションの上がる工程まできました。

それは・・・

窓!

ずっと同じ忍耐作業の連続だったのでワクワク。
ヽ(≧∀≦)ノ

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑨

心なしか作業のスピードも上がります。

窓の部分を開けてブロックを積んでいき・・・

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑩

用意していた資材を乗せてみました。

おお! 窓っぽい!
(。>ω<。)ノ

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑪

ホームセンターで買ってきたスチールL型アングル

これをコンクリートブロックに接着剤で仮止めします。

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑫

窓の上部にあたる部分もまたいで横鉄筋を通すために、鉄筋を少し曲げて加工。

なんか、弓みたい。
ヽ(´∀`)ノ

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑬

弓状に曲げた鉄筋を縦鉄筋に固定。

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑭

いい感じで横筋鉄筋を挿入できました。
(´∀`*)

いよいよ、窓部分の上にブロックを積んでいきます。

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑮

ぽくなってきた! 小屋っぽくなってきた!
ヽ(≧∀≦)ノ

スチールL型アングルの上のブロック2個とその両サイドのブロック、計4個のブロックは弓状に山になって出た鉄筋に合わせて、横筋ブロックを上下ひっくり返して積みました

一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~⑯

窓の上部分に入った横鉄筋にもモルタルを充填して、窓部分のブロック積完了♪

ネットで調べてもブロック小屋の扉部分、窓部分の作り方が無かったので完全な我流です。
( ̄^ ̄)ゞ

ど素人なので何とも言えませんが、強度的にも問題なさそうです。

こんなやり方でも一つの参考として、この記事を読んでいただいた方にとって少しでも参考になれば幸いです。

私、ど素人なので一切の責任は持ちませんが(笑)。
(*´ω`)┛

とうとうブロック積も後半にさしかかり、どんどんと小屋っぽくなってきました。

そういえば、タイトルは一人で作るブロック小屋なのに、1回目、2回目の記事内では物置と書いていたことに気付きましたでしょうか?

あまりの作業の辛さに、物置として使うだけではもったいないので、少しでもオシャレな小屋として作ることを心に決めました。

・・・って、どーでもいい話ですよね。

失礼しました。
(//>ω<)


ご覧いただきありがとうございます。
(*^_^*)


スポンサーリンク

D-17 モクバ Wハンドル



この内容に関連する記事
■一人で作るブロック小屋
一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~
一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の補正~
一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~
一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~
一人で作るブロック小屋⑤ ~屋根の骨組み~
一人で作るブロック小屋⑥ ~屋根の板張り~
一人で作るブロック小屋⑦ ~屋根の防水~
一人で作るブロック小屋⑧ ~モルタル壁塗り左官作業~
一人で作るブロック小屋⑨ ~ドア枠・窓枠の取り付け~
一人で作るブロック小屋⑩ ~ペイント作業~
一人で作るブロック小屋⑪ ~コンクリート床を作る~
一人で作るブロック小屋⑫ ~換気口の取り付け~
一人で作るブロック小屋⑬ ~蝶番・ノミ作業~
一人で作るブロック小屋⑭ ~突き出し窓を作る~
一人で作るブロック小屋⑮ ~親子扉を作る~
一人で作るブロック小屋⑯ ~小屋のソーラー照明~
一人で作るブロック小屋⑰ ~パーゴラを作る~
一人で作るブロック小屋⑱ ~棚を取り付ける~


テーマ : DIY
ジャンル : ライフ



一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の補正~

無計画は恐ろしい失敗を招きます・・・


基礎ブロックは15cm、積み上げて壁となるブロックは10cmを予定しておりました。
もちろん予算の都合上。

15cmブロックは10cmブロックの倍近い価格。
(;゚Д゚)

そんなこんなで基礎が固まったのを見計らって、意気揚々と10cmブロックを積み始めました。

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の修正~①

まずは後ろから。
なかなかいい感じ♪

まだ2段目ですが、完成した小屋の姿を想像してしまいます。
(*´ω`)┛

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の修正~②

壁部分の一番下となる2段目(壁部1段目)は、しっかりと全穴モルタル充填していきます。

ここまでは嘘のように順調♪


しかしすぐに異変に気付くことになりました。

横壁ブロックを積もうとすると・・・ あれ・・・(汗)

縦鉄筋の位置がおかしい。

横壁ブロックの外に鉄筋が並んでいる?
Σ(´Д`*)

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の修正~③

問題の箇所。

写真と文では上手く伝えられないので図で説明いたします。

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の修正~④

基礎ブロックと鉄筋の位置の俯瞰図です。

何を考えていたのか物置の内側から合わせて鉄筋の位置を決めています。


何が問題か?

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の修正~⑤

基礎の上に10cmブロックを積んだ時の想定図です。

一目瞭然。

横の壁となるブロックの中心に鉄筋が入らなければならないのに、外に出てしまっています。

いや~、ここにきて取り返しのつかないミス。

やる気も何もかも消し飛びました。
(;д;)

その場に座り込んでしばらく呆然とした後、買ってきたブロックの山を見ながら考え込んでいると・・・ ひらめきました。

鉄筋位置の補正案!

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の修正~⑥

少し予想外の出費ですが、横壁10cmブロックの一段目を15cmブロックに変更し、その一段の中で鉄筋を曲げて本来の位置に補正する。

俯瞰図だけではわかりにくいと思いますので横から見た図がこちら。

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の修正~⑦

つまりこういうことです。

この方法であれば室内に高さブロック一個分、奥行5㎝程度の段差ができるものの、強度的にも問題のないブロック壁ができると考えました。

そうと決まれば早速実践。 ( ̄^ ̄)ゞ

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の補正~⑧

鉄筋を曲げるため再び D-17 モクバ Wハンドル を使用しました。

心強い味方です。

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の補正~⑨

15cmブロックを追加購入し、壁ブロック一段目完了。

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の補正~⑩

無事に補正図通りに仕上げることができました。

本当にほっとしました。 (* ´ ▽ ` *)

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の補正~⑪

今度こそ間違いないことを何回も確認してからモルタル充填。

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の補正~⑫

予定通り横壁ブロック2段目からはすべて10cmブロックを積んでいきます。

縦鉄筋も問題なく10cmブロックの中心(横鉄筋を通すことを考えて、若干中心からずらしています。)を通りました。
(。>ω<。)ノ

一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の補正~⑬

内側の段差も予定通り(泣)。
(ノ_<)

失敗とはいえ折角できたこの段差、何か利用できないものか。

私は自他ともに認めるポジティブシンキング。

転んでもただで起きるつもりはありません(笑)。
(*´ω`)┛


無計画、思い込みは失敗のもと。

いい教訓となりました。


ご覧いただきありがとうございます。
(*^_^*)


スポンサーリンク

D-17 モクバ Wハンドル



この内容に関連する記事
■一人で作るブロック小屋
一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~
一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の補正~
一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~
一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~
一人で作るブロック小屋⑤ ~屋根の骨組み~
一人で作るブロック小屋⑥ ~屋根の板張り~
一人で作るブロック小屋⑦ ~屋根の防水~
一人で作るブロック小屋⑧ ~モルタル壁塗り左官作業~
一人で作るブロック小屋⑨ ~ドア枠・窓枠の取り付け~
一人で作るブロック小屋⑩ ~ペイント作業~
一人で作るブロック小屋⑪ ~コンクリート床を作る~
一人で作るブロック小屋⑫ ~換気口の取り付け~
一人で作るブロック小屋⑬ ~蝶番・ノミ作業~
一人で作るブロック小屋⑭ ~突き出し窓を作る~
一人で作るブロック小屋⑮ ~親子扉を作る~
一人で作るブロック小屋⑯ ~小屋のソーラー照明~
一人で作るブロック小屋⑰ ~パーゴラを作る~
一人で作るブロック小屋⑱ ~棚を取り付ける~


テーマ : DIY
ジャンル : ライフ



一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~

何もなかった空き地に掘った井戸。

井戸の記事
DIYで打ち抜き井戸を掘る!⑥ ~完成!可愛い井戸~

井戸に関する記事は全6記事ありますのでよろしければご拝読ください。
(。>ω<。)ノ

というわけで、とりあえず水だけは確保しました。

いよいよ本格的に畑作りといいたいのですが、鍬だの鎌だのジョレンだの畑作りに必要なものを買っても置く場所がない。

盗難などの不安もあるので隅の方に放置というわけにもいきません。

そう・・・ 次に取り掛かるのは、

物置を建てる!

イナバ、ヨド物置、タクボなどのメーカーが売っているお馴染みの金属製物置。
公園などそこらじゅうで見かけるあれです。 (*´ω`)┛

最初はお馴染みの物置を建てる予定でした。

が、いざネットで調べてみると一味違った物置がたくさんあることを知りました。

結構あるもんですねオシャレな物置。

スポンサーリンク

ディーズシェッド / カンナD125 / デザイン物置 / ディーズガーデン



ディーズシェッド / カンナcute / デザイン物置 / ディーズガーデン



Keter ケター 樹脂製物置フュージョン Fusion757 約1.3坪 梱包重量245kg【smtb-ms】


樹脂製物置(プラスチック)ですが、FRP(繊維強化プラスチック)を使っていたり、ウッドプラスチック(木材配合ポリプロピレン)を使っていたりで、耐久性・耐候性は勿論、質感にもこだわっているようです。

すっごいオシャレ! (。>ω<。)ノ

そして調べているうちにとある物置にたどり着きました。

スポンサーリンク

KOBO 物置


樹脂製物置KOBO!
FRP(繊維強化プラスチック)製の白いキュービックな物置。

まさに一目惚れでした。

これがいい! と思ったのも束の間。

値段を見てびっくり・・・

高すぎる(泣)。

パーゴラ、棚などは別料金、白く四角い箱(物置)だけで約70万円!?
私の財力では完全にキャパシティオーバー。

無理無理。ヽ( ´_`)丿

いいなあと思うものは高いのです。そういうもんです。


そんなこんなで物置をどうしようかなーと考えていたところ、隣の畑をされている方が一言。

「井戸掘れるんだったら、ブロック積んで物置ぐらい作れるやろ?」

私 「いやいや、そんなノウハウ無いし(井戸の時も無かったけど)。ん・・・」

その手があった! ヽ(≧∀≦)ノ

コンクリートブロックならあの樹脂製物置KOBOそっくりなものをリーズナブルに作れるかもしれない。

おまけに耐久力は本家より強いものができそうだ。ノウハウはネット検索で補えるはず。

何より今ならセメントを練る水も確保できている。
(*≧∪≦)

隣の畑をされている方の一言で全ては始まりました。


善は急げと早速、物置の位置決め。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~①

井戸と隣の畑の空きスペースに棒とブロックを少しおいて、お隣さんに物置を建てる旨の了承を取りました。

こういうことは結構大事。 ( ̄^ ̄)ゞ

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~②

物置の基礎をつくるため、地面からブロック一個分が入るように土を掘っていきます。

ある程度掘ったらブロックを試し置き。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~③

もともとの土地が水平ではないので、ブロックを水平に並べて置くとこんな感じに。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑧

基礎となる地面を平らに掘りました。

地盤はしっかりしてるみたいなので問題なさそう。

次は材料を買ってくる。
材料を買ってしまえばもう後には引けません。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~④

買いも買ったり、コンクリートブロック約250個。
(;゚Д゚)

ホームセンターの軽トラを借りて運ぶことに。

軽トラの積載量は300㎏までなので何往復もして、一日がかりで運びました。

軽トラを貸し切りにしてくださったホームセンターの皆様、誠にありがとうございました。
(。>ω<。)ノ

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑤

ブロック積で忘れちゃならないのが、鉄筋

ホームセンターに売ってあった5.5mの鉄筋を大量購入。

10mm13mmの鉄筋がありましたが、少し割高の直径13mmの鉄筋にしました。

ここは安全性重視の方向で。
( ̄^ ̄)ゞ

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑥

店が用意してあった鉄筋カッターで任意の長さにカットしていきます。

思ったよりも簡単に狙い通りに切ることができました。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑦

そして畑に運び込み。

ここまでで用意した材料は

コンクリートブロック、鉄筋、砂、ポルトランドセメント、砕石

恐ろしい重量ものばかりです。

腰が痛い。 。゚(゚´Д`゚)゚。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑨

基礎となるコンクリートブロック15cm(横筋)。

コンクリートブロックは厚み違いのものが3種類ありました。

ホームセンターに売っていたのは10cm、12cm、15cm

基礎となるブロックなのでここは一番安定感のある15cm一択。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑩

安定感と強度アップを期待してブロックの穴をモルタルを練って埋めました。

モルタル ・・・セメントと砂を1:3もしくは1:2の割合で水を混ぜて練ったもの。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑪

モルタルが固まったところで、ブロックをひっくり返して並べていきます。

基礎になるブロックは横筋にしました。角には隅形を置きます。

コンクリートブロックの種類は大まかに分けて3つ。

基本形 ・・・ 一番よく見る三つ穴が貫通しているタイプ。
基本横筋形 ・・・ 穴は貫通しておらず、横に鉄筋を挿入する谷があるタイプ。
隅形 ・・・ コーナーに使うため片面がフラットになっているタイプ。

細かく言えばもっと形はありますが、どこのホームセンターにも置いてある基本種類はこの3つかと思います。
(*´ω`)┛


さて調子よく基礎ブロックを水平にしながら四角い枠に並べていくと・・・

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑫

ガガーン!!

合わない(泣)。

ま、当然でしょう。

水糸も張らずに百均の水平器と目視のみで並べた結果です。

水糸 ・・・作る物のラインを真っ直ぐにしたり、高さを合わせる基準を出す糸。

私はなぜか、百均の水平器一本でブロックを積むことを決意していました。

・・・というか、水糸は専門的でハードルが高そうなイメージがあるので躊躇しただけです。
(。-_-。)

どうしようもない場合は水糸の貼り方も勉強しなければと考えましたが、ずれたブロックをすべて見直して慎重に合わせること1時間。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑬

綺麗に四角に並べることができました!

やればできるもんです。 (*≧∪≦)

基礎ブロックの位置が決まったところで鉄筋を立てて、基礎が動かないよう横方向にも鉄筋を入れていきます。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑭

横方向の鉄筋はブロックの谷に置くのではなく、縦鉄筋に鉄線でくくり付けて少し浮かした状態で固定します。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑮

コーナーには鉄筋を90度に曲げて挿入。

隅形ブロックの一部を削って鉄筋が通るように加工しています。

写真はないのですが、鉄筋を曲げるために

D-17 モクバ Wハンドル

という工具を買いました。

てこの原理で10mm、13mmの鉄筋を曲げることができる便利な道具です。

一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~⑯

横鉄筋と縦鉄筋にモルタルを充填。

これにて小屋の基礎は完成です。
( ̄^ ̄)ゞ

基礎枠の中の土の部分は最終的にコンクリートで埋める予定。


いよいよ後に引けなくなったところで、一つ目標を立てました。

「一人だけでブロック物置(小屋)を作る!」

はてさてどうなることやら。
(*´ω`)┛


ご覧いただきありがとうございます。
(*^_^*)


スポンサーリンク

D-17 モクバ Wハンドル



この内容に関連する記事
■一人で作るブロック小屋
一人で作るブロック小屋① ~小屋の基礎をつくる~
一人で作るブロック小屋② ~鉄筋位置の補正~
一人で作るブロック小屋③ ~窓の部分をどうするか~
一人で作るブロック小屋④ ~ブロック積み完了~
一人で作るブロック小屋⑤ ~屋根の骨組み~
一人で作るブロック小屋⑥ ~屋根の板張り~
一人で作るブロック小屋⑦ ~屋根の防水~
一人で作るブロック小屋⑧ ~モルタル壁塗り左官作業~
一人で作るブロック小屋⑨ ~ドア枠・窓枠の取り付け~
一人で作るブロック小屋⑩ ~ペイント作業~
一人で作るブロック小屋⑪ ~コンクリート床を作る~
一人で作るブロック小屋⑫ ~換気口の取り付け~
一人で作るブロック小屋⑬ ~蝶番・ノミ作業~
一人で作るブロック小屋⑭ ~突き出し窓を作る~
一人で作るブロック小屋⑮ ~親子扉を作る~
一人で作るブロック小屋⑯ ~小屋のソーラー照明~
一人で作るブロック小屋⑰ ~パーゴラを作る~
一人で作るブロック小屋⑱ ~棚を取り付ける~


テーマ : DIY
ジャンル : ライフ



自己紹介

GON 

ブログ主:GON 
少し田舎の住みよい街で建売住宅を買いました。
家族が楽しめる家つくりを追及すべく、
設計、庭作り、基本DIYで何でもします。
畑に小屋、井戸も製作。
野菜作りも挑戦中!






カテゴリ
全記事表示リンク

■全ての記事を表示する

最新記事一覧
【DIY】畑にピザ窯とコンロを作る!⑧ ~ピザパーティー~ Apr 30, 2021
【DIY】畑にピザ窯とコンロを作る!⑦ ~夢のピザ窯が完成しました♪~ Apr 08, 2021
【DIY】畑にピザ窯とコンロを作る!⑥ ~ピザ窯には屋根が必要~ Mar 05, 2021
【DIY】畑にピザ窯とコンロを作る!⑤ ~ピザ窯のドームは耐火セメントで作る~ Feb 24, 2021
【DIY】畑にピザ窯とコンロを作る!④ ~いよいよピザ窯を作る~ Feb 22, 2021
タグ検索

 DIY 家の設計 小屋 トイレ ピザ窯 コンロ 井戸 物置 ゲーム ガーデニング リフォーム 遊び ニンテンドースイッチ 日記 雑貨 百均 イラスト  料理 アフィリエイト 流木 ペット 熱帯魚 修理 水槽 C言語 PlayStation 鬼滅の刃 おもちゃ プログラミング 盆栽 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

■当ブログ管理人 GON とブロともになる



QRコード
QR
SNS
参加中のブログランキングサイト リンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

お客様